保冷剤の二次活用方法

ケーキやアイスクリームを購入したり、チルド製品をお取り寄せしたりすると必ずついてくるのが保冷剤です。大きなものから小さなものまであり、つい捨てずに冷凍庫へいれて溜ってしまいがちですが、二次利用してみましょう。


保冷剤は保温もできます。

保冷剤は人気のテーマです。

それを利用して肩こりや疲れ目に血行をよくするホットパックをします。40度から45度のお湯で湯煎し、タオルやガーゼに包んで、目や肩に置けばリラックスタイムを過ごす事が出来ます。

この時、電子レンジに掛けると破裂の危険性があるので止めましょう。

夏場の外出は暑くて熱中症も心配ですが、保冷剤の小さいものを持ち歩くとある程度、体温を下げることが出来ます。帽子の中に入れると日光が当たる頭頂部を冷やす事が出来ますし、ハンカチにくるんで首に当てる事で大きな血管を冷やすことが出来ます。


バーベキューなどをする時に食材を運ぶときもとても便利です。冷気は上から下へ流れるので、食品を入れて、最後に上から蓋をするように保冷剤をいれると効果的です。

下、真ん中にもサンドイッチのようにいれるとさらに効果的です。

ちょっと変わった利用法は芳香剤です。



中身を口の広いガラスケースへ出します。


お好みのアロマオイルや香水などをいれ良くかき混ぜます。


ビー玉やシーグラスなどを混ぜ込んでも涼しげですし、オブジェを乗せてもおしゃれです。


乾いて来たら水を足せばよいですし、香りが薄くなってきたら足せば、世界に一つだけの、自分の好みの芳香剤が出来ます。